MENU

ちゅらトゥースホワイトニングとパールホワイトを比較してわかった3つのこと

 

 

自宅で簡単にできるホワイトニングを求めてネットで検索すると、ちゅらトゥースホワイトニングとパールホワイトの名前をよく見かけます。

 

どちらもホワイトニングケア用品としての評判が良く、利用ユーザーが多いからこそよく見かけるのでしょう。

 

 

しかし、実際にホワイトニングを試してみたいと思ったとき、人気のアイテムからどちらを選べばいいのか迷ってしまいますよね。

 

ちゅらトゥースホワイトニングとパールホワイトは、何が違うのでしょうか?

 

 

また、どちらがより優れたホワイトニング用品なのでしょうか?

 

今回は、ちゅらトゥースホワイトニングとパールホワイトの違いから見えてきた3つのポイントについて、ご紹介します。

 

 

ちゅらトゥースホワイトニングとパールホワイトには共通点もある

 

ちゅらトゥースホワイトニングとパールホワイトには、もちろん違いもありますが共通している点もあります。

 

第一に、どちらのアイテムも研磨剤を一切使用していないという点。

 

 

市販のホワイトニング用品の多くは、この研磨剤を使用していることがほとんど。

 

しかし、ちゅらトゥースホワイトニングとパールホワイトには研磨剤が使用されていません。

 

 

研磨剤入りのものは、強く磨きすぎることで歯の表面を傷つけてしまう恐れもあります。

 

ですが、ちゅらトゥースホワイトニングとパールホワイトにはそもそも研磨剤が入っていないので、歯を傷つける心配もありません。

 

 

また、ちゅらトゥースホワイトニングとパールホワイトは医学部外品でもあります。

 

医学部外品ということは、国から効果が認められた成分を配合しているということ。

 

 

歯に優しい上、医学部外品という安全性の高さも評価されているちゅらトゥースホワイトニングとパールホワイト。

 

その二つの違いとは、一体どのような点なのでしょうか?

 

 

ちゅらトゥースホワイトニングとパールホワイトの違いとは?

 

医学部外品で研磨剤不使用なちゅらトゥースホワイトニングとパールホワイトですが、実は成分などに少し違いが出てきます。

 

たとえば、ホワイトニング成分。

 

 

ちゅらトゥースホワイトニングはポリアスパラギン酸とリンゴ酸が主なのに対し、パールホワイトはメタリン酸、ポリリン酸、リンゴ酸が主成分となります。

 

どちらの成分も、歯磨きだけでは取り除けない汚れを落とし、再び汚れが歯に付着しないように作用する成分構成。

 

 

しかし、ちゅらトゥースホワイトニングのほうがシンプルな成分となっています。

 

成分が限られているから効果が弱くなるというわけではなく、ちゅらトゥースホワイトニングのほうが厳選された成分を配合しているということでしょう。

 

 

また、パールホワイトには無くて、ちゅらトゥースホワイトニングのほうに入っている成分というものもあります。

 

それが、アラントインと呼ばれる抗炎症作用を持つ成分。

 

 

この成分が配合されていることで、ちゅらトゥースホワイトニングは歯茎の腫れや歯肉炎にも高い効果が期待できます。

 

パールホワイトには抗炎症作用の成分は入っていないので、さすがに歯茎の健康まではフォローできません。

 

 

そういった意味で考えると、ちゅらトゥースホワイトニングはパールホワイトに比べて、ホワイトニング効果以外の点でも一歩先をいく存在と言えそうですね。

 

 

値段の変動がないのがちゅらトゥースホワイトニングの魅力

 

成分の他にも、ちゅらトゥースホワイトニングとパールホワイトの違いはあります。

 

その一つが、値段。

 

 

ちゅらトゥースホワイトニングが定期購入でずっと3,980円なのに対し、パールホワイトは二回目以降になると値段が変わってきます。

 

ホワイトニングケアは、毎日欠かさずするもの。

 

 

定期購入したほうがお得なのですが、値段が一定でないと毎月の出費額も変動してしまい大変になってしまいますよね。

 

毎月の出費額を一定にしたいのであれば、二回目以降から値段が変わってしまうパールホワイトより、ちゅらトゥースホワイトニングをおすすめします。

 

 

ちゅらトゥースホワイトニングもパールホワイトも、自宅で簡単にできるホワイトニングとしては優秀なアイテム。

 

しかし、歯の白さだけでなく、歯茎の腫れや炎症にもアプローチしたいのであれば、ちゅらトゥースホワイトニングのほうがおすすめです。

 

 

気になる人はぜひ一度、検討してみてくださいね。

 

⇒薬用ちゅらトゥースホワイトニングの公式サイトはこちら

 


このページの先頭へ