MENU

1ヶ月で歯の黄ばみが改善!市販でもできるホワイトニング方法とは?

 

 

歯の黄ばみがコンプレックスだと、人前で話したり笑ったりするのが苦痛だったりしますよね。

 

とは言え、歯医者でホワイトニングをするとなると、時間だけでなくお金もかかってしまいます。

 

 

歯医者でのホワイトニングを考えた人の中には、その高額さに諦めてしまった人もいるのではないでしょうか。

 

そんな中、今自宅で簡単にできる市販のアイテムを使ったホワイトニングが流行っています。

 

 

市販のホワイトニングを選ぶ際、どのような点に気をつければいいのでしょうか?

 

気になる疑問と共に、歯の黄ばみを落とすのに効果的な市販アイテムもご紹介していきます。

 

 

市販の研磨剤入りホワイトニング用品には要注意!

 

市販のホワイトニング用品にありがちなのが、研磨剤を使用しているもの。

 

実はこの研磨剤入りのものは、一見歯の黄ばみを落として歯を白くしたように見せますが、歯を傷つけてしまうこともあります。

 

 

また、いくら歯の黄ばみが気になるからといって強く磨くのは逆効果。

 

歯の表面が傷ついてしまい、傷に汚れが付着することでまた歯の黄ばみが目立つという悪循環を引き起こします。

 

 

市販のホワイトニング用品を選ぶ際は、なるべく研磨剤が使用されていないものを選ぶようにしましょう。

 

ホワイトニングケアは毎日するのが好ましいので、歯に優しい成分のものを選ぶのがおすすめです。

 

 

歯を白くするだけでなく、汚れがつきにくいタイプを選ぼう

 

市販品の中には、歯を白くすることに特化したアイテムが多くあります。

 

歯の黄ばみが気になる人にとっては、歯を白くするというキャッチコピーはとても魅力的。

 

 

ですが、歯の黄ばみを作り出す原因を絶たないことには、いくらホワイトニングをしても再び歯が黄ばんでしまう状態へと戻ってしまいます。

 

歯の黄ばみを目立たせないようにするためにも、歯に汚れがつきにくくなる成分のものを選ぶようにしましょう。

 

 

たとえば、ちゅらトゥースホワイトニングというアイテム。

 

こちらのアイテムはリンゴ酸とビタミンCが配合されており、この二つが作用することで歯を汚れから守ってくれるようになります。

 

 

また、ちゅらトゥースホワイトニングは研磨剤も使用していないため、歯を労わりながら毎日安心して使い続けることができますよ。

 

歯の黄ばみを作り出さないためには、ちゅらトゥースホワイトニングのように毎日継続して使えるアイテムを選ぶように心がけましょう。

 

 

同時に虫歯ケアもできるアイテムがおすすめ!

 

市販のホワイトニング用品を使って、歯の黄ばみが改善されても、虫歯があるような状態ではまた逆戻りしてしまいます。

 

虫歯ができやすい口内環境というのは、ただでさえ歯に汚れが付着しやすいような状態。

 

 

つまり、虫歯を防ぐことは結果として歯の黄ばみを抑えることにも繋がります。

 

市販品の中には、ホワイトニングと同時に虫歯対策ができるものも!

 

 

また、先ほどご紹介したちゅらトゥースホワイトニングも虫歯対策としては効果的なアイテムです。

 

ちゅらトゥースホワイトニングには、GTOという成分が配合されており、この成分が虫歯菌を抑制する上で大活躍!

 

 

市販品を使って自宅でホワイトニングをする際、ホワイトニングと同時に虫歯ケアもできてしまうちゅらトゥースホワイトニングのようなアイテムを選ぶのがおすすめです。

 

 

最近では、市販でもホワイトニング効果に付加価値がついたアイテムも出てくるようになりました。

 

様々な商品がありますがいくら市販品とはいえ、安全性の高さは物によって異なります。

 

市販のアイテムでホワイトニングをする場合は、研磨剤などを使っていない歯に優しいタイプのものを選びましょう。

 

 

また、歯の白さばかりを重視するのではなく、歯の黄ばみを改善し、その状態が長続きする成分にも注目していきたいものですね。

 

ちゅらトゥースホワイトニングは、歯の黄ばみを改善するだけでなく、ホワイトニング以外の効果も期待できるのでおすすめのアイテムです!

 

⇒薬用ちゅらトゥースホワイトニングの公式サイトはこちら

 


このページの先頭へ