MENU

実は1番歯に優しい!ちゅらトゥースホワイトニングの安全性について

 

 

ホワイトニング効果のある歯磨きジェルとして、人気を集めているちゅらトゥースホワイトニング。

 

「これから使ってみようかな?」と考える人の中には、どんな成分を使っているのか気になる人もいることでしょう。

 

 

歯に直接つくものなので、どうしても安全性は気になってしまいますよね。

 

実は、ちゅらトゥースホワイトニングは従来のホワイトニングケア用品よりも、安全性が高いアイテム!

 

 

どうして他のホワイトニング用品よりも安全性が高いのか?

 

ちゅらトゥースホワイトニングの成分を踏まえつつ、その秘密についてご紹介いたします。

 

 

研磨剤を一切使用していないから歯に優しい!

 

実は、市販のホワイトニング剤には研磨剤を含むものが多くあります。

 

この研磨剤入りのホワイトニングを使用すると、一見歯が白くなったように見えて、実は歯の表面が削られているだけというケースも。

 

 

研磨剤入りのものは、使い方を間違えると歯を傷つけてしまうこともあるのです。

 

いくら歯を白くしたいからといって、歯を強く磨きすぎるのは逆効果。

 

 

歯の表面を傷つけ、その傷に汚れが入り込み、また黄ばみを発生させる原因にもなってしまいます。

 

毎日使うものだからこそ、ホワイトニング用品はなるべく安全性の高いものを選びたいですよね。

 

 

その点、ちゅらトゥースホワイトニングは研磨剤を一切使用していません。

 

さらに、天然由来の成分を多く配合しているため、安全性も高く、歯に優しいというのが魅力的です。

 

 

リンゴ酸とビタミンCで汚れがつきにくい歯へ

 

従来のホワイトニング用品は、歯を白くすることに特化したものがほとんどでした。

 

しかし、ちゅらトゥースホワイトニングは別方面からもアプローチを仕掛けています。

 

 

そのアプローチ法の一つが、汚れのつきにくい歯へと導くというもの。

 

歯に付着した汚れを単に落とすだけでなく、再び汚れが歯につきにくい状態へと導くアプローチをしてくれます。

 

 

汚れがつきにくい歯へと導いてくれる存在こそが、ちゅらトゥースホワイトニングに含まれるリンゴ酸とビタミンC。

 

この二つの成分が作用することにより、汚れがつきにくい歯へと導いてくれます。

 

 

美容や健康にも効果的なこの二つの成分、もちろん人体にとっての安全性もばっちり!

 

このように、なるべく天然由来の成分を使用している点が、ちゅらトゥースホワイトニングの安全性の高さにも繋がっています。

 

 

新成分GTOで虫歯対策としてのアプローチも

 

「安全性が高いということは、歯を白くする成分としても弱いのでは?」という不安を抱く人も中にはいることでしょう。

 

しかし、ちゅらトゥースホワイトニングは歯に優しい成分でありながらも、歯を白く美しく導くための成分を厳選しています。

 

 

一つ一つの成分が歯を白く保つために欠かせない存在なので、効果が弱くなるということはありません。

 

しかも、新成分GTOを配合するなどホワイトニングケアとして一歩先をいく試みも!

 

 

このGTOという成分は、虫歯発生の元凶となる不溶性多糖類合成酵素を拒んでくれる効果が期待できます。

 

つまり、ちゅらトゥースホワイトニングを毎日使用していれば、ホワイトニング効果だけでなく虫歯予防もできてしまうというわけですね!

 

 

いくら白い歯を手に入れても、虫歯だらけだと魅力は半減してしまうもの。

 

また、白くて綺麗な歯を保つためには、虫歯のない口内環境を維持することは重要なポイントとなってきます。

 

 

ちゅらトゥースホワイトニングは安全性が高いだけでなく、ホワイトニング効果以外のアプローチも狙える優秀なアイテム。

 

通常の歯磨きをするような感覚で、自宅で手軽にホワイトニングをすることができます。

 

 

歯を労わりながら白い歯を手に入れたいという人は、安全性の高いちゅらトゥースホワイトニングを試してみてはいかがでしょうか?

 

⇒薬用ちゅらトゥースホワイトニングの公式サイトはこちら

 


このページの先頭へ